Jean-Michel Jacquemin-Raffestin

« On peut tromper tout le monde pendant un certain temps et certains pour toujours, mais on ne peut pas tromper tout le monde éternellement. » Abraham Lincoln

Чорнобиль – Tchernobyl – Chornobyl   Czarnobyla

Tschernobyl – Ciernobil – Чернобыль  –  Chernobyl

Fukushima - 福島 - Фукусима - Fukishima

 « Une erreur n’est pas une vérité parce qu’elle est partagée par beaucoup de gens. Tout comme une vérité n’est pas fausse parce qu’elle est émise par un seul individu. » Gandhi

福島 振動と恐怖 communiqué de presse

福島
振動と恐怖
 

Fukushima PROJET 3D

ジャックマンラフェスタン・ジャンミシェルとナヴォ・ミカエル
ルパジュ・コリンの序文
この本は、6 年間の研究と研究の結果であり、国家の嘘を非難し、新しい視点、そして、私たち
の惑星の本当の姿を表したものです。
3/11 ...それは日本人が今東日本大震災と呼んでいるもので、二度と聞きたくない名前です。2011 年 3 月 11 日、現
地時間の午前 2 時 46 分 23 秒に、日本は歴史上最もひどい地震を経験しました。福島第一原子力発電所に被害を与え
た後、高さ 15 メートルの津波を発生させ、600 キロメートルの海岸線を破壊し、史上最大の民間原子力災害を引き起
こしました。チェルノブイリよりも深刻で、INES 評価でレベル 7 になります。福島第一原発はこの地震による災害の中心部にあり、地震による自動停止により炉心の冷却ができなくなりました。
原子炉 1,2,3 号機の中心部が溶け、外側のシールが破損したために保護タンクに穴が空き、すべての放射性物質が漏
れ出しました。当初、住民は 10 キロメートル、更に翌日には 30 キロメートル避難させられました。チェルノブイリ
の教えは何の役にも立ちませんでした。人々をパニックに陥らせてはいけませんでした。
日本の考え方ではこのような事故が起こることは全く想定しておらず、従業員と管理職は同様に何をすべきかを知ら
されていないために正しい決定を下すことができませんでした。その後数日にわたり、いくつかの建物が爆発しまし
た。放射能は継続的に空気中に、そして太平洋に流入する水中へと拡散して行きました。毎週のように起こる新しい
技術的な問題や放射能の漏出が、制御不能に陥っていることを物語っていました。
10 年経った今でも、土壌、植物、米、陸上動物、海洋生物はひどく汚染されています。
-東京の公園から米国に持ち込まれ、分析された土壌は、核廃棄物として分類されています。
-カリフォルニアのカベルネ種のブドウから、福島からの微量のセシウムが検出されました。
-カリフォルニアで獲れた魚は香港と同様にセシウムで汚染されています。
今でも下水汚泥から,半減期が 8 日であるにも関わらず、ヨウ素 131 が検出されています。本来なら10週間後には
検出されなくなっているはずです。政府が補償金の支払いをやめるためには、避難民はこの放射能汚染された土地に
戻り、住まなければなりませんでした。何百もの甲状腺がんが子供たちに発見され、最終的に政府によって認識され
ました。
日本はすべての原子炉を停止しなければならず、その多くは決して運転を再開することはありませんでした。しか
し、2015 年 8 月に広島の記念日に川内原発の 1 号機を再起動することが決定されました。2 号機は 2015 年 10 月 15
日に再起動され、他の原子炉が続いて、今日までに 9 台が再起動しました。
ジャックマンラフェスタン・ジャンミシェルは、ジャーナリストであり、チェルノブイリの専門家であり、チェルノ
ブイリの後、表舞台に立つことはなかったが(同じ出版社によって出版されたにも関わらず。)この悲劇の原因と結
果を振り返るために、8 年近く調査を行った後、彼は福島の災害について別の調査を開始しました。
目次
序文日本
I. 福島、事故
II. 問題は決して終わらない
III. 発表された閉鎖の記録
IV. 清算人、神風
V. 日本における生態学的および健康への影響
VI. 住民に対する健康への被害
VII. 私たちが被るリスク
VIII. 責任
IX. 結論
X. 津波 (ナヴォ・ミカエルの証言)
第 1 章 地震と津波
第 2 章 恐怖
第 3 章 ためらい
第 4 章 待っています
第 5 章 決定
索引 I 原子用語集
索引 II 国際機関に対する核ロビーの絞首刑
索引 III 健康への影響
情報源
Parution : 18 mars 202

福島 Fukushima 福島

 

3/11 ...それは日本人が今東日本大震災と呼んでいるもので、二度と聞きたくない名前です。2011年3月11日、現地時間の午前2時46分23秒に、日本は歴史上最もひどい地震を経験しました。福島第一原子力発電所に被害を与えた後、高さ15メートルの津波を発生させ、600kmの海岸線を破壊し、史上最大の民間原子力災害を引き起こしました。チェルノブイリよりも深刻で、INES評価でレベル7になります。住民は最初に10キロメートル、次に翌日30キロメートル避難しました。チェルノブイリの教えは何の役にも立ちませんでした。人々はパニックに陥ってはいけませんでした… 

10年経った今でも、土壌、植物、陸上動物、海洋生物はひどく汚染されています。政府が補償金の支払いをやめるためには、避難民はこの放射能汚染された土地に戻り、住まなければなりませんでした。何千もの甲状腺がんが子供たちに発見され、最終的に政府によって認識されました。 
  

この本は、6年間の研究と研究の結果であり、国家の嘘を非難し、新しい視点、そして、私たちの惑星の本当の姿を表したものです。 
   

ジャックマンラフェスタン・ジャンミシェルは、私たちに一冊の本を提供しました。それは、1986年以来、世界の原子力産業による災害と危険に対して彼が戦い続けた歴史です。チェルノブイリの後、表舞台に立つことはなかったが(同じ出版社によって出版されたにも関わらず。)、彼は再びペンを取り上げて福島のスキャンダルを非難しました。  

   

法学、日本語、国際関係の学位を持つナボー・ミカエルは、2002年から2008年まで大阪に住み、それ以来東京で教師を務めています。